美魔女ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS あざ・脱毛、外見でいじめの問題

<<   作成日時 : 2011/06/06 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あざや白斑、脱毛症など外見に症状が表れ、好奇の視線にさらされる人への支援が広がっています。

・まぶたが下がる病気「眼瞼下垂」
・皮膚が部分的に白い「白斑」
・顔面神経マヒ
・やけど痕

外見の症状で、ジロジロ見られたり、「うつる」と避けられるだけでなく、就職活動でも断られたりしたケースも。
当事者の悩みは共通していて深刻です。

「見た目問題」と名づけ支援するNPO法人「マイフェイス・マイスタイル」(電話03・6658・5580)は、5年前に発足しました。

同NPOでは昨年から年4回、情報誌「マイ・フェイス」を発行し、当事者のインタビューや各団体の紹介記事を掲載。
写真展やトークショーなどのイベントも開催するそうです。

20歳ですべての毛髪が抜けた岡村信子さん(36)は「円形脱毛症を考える会」の会長。
普段はかつらを付けていますが、マイ・フェイスの表紙ではありのままの姿を見せています。


髪や肌が白い「アルビノ」は、生まれつき体の色素を作りにくい病気。
日本人でも白人のように肌が真っ白です。

何気ない言葉に傷つき、外に出るのも怖いという人がたくさんいます。
自分が小学生のころ、この7「アルビノ」の子がいました。
外国人でもないのに、どうして白いんだろう・・と子どもながらに不思議に思っていました。

偏見をなくし、医療従事者も理解を深めないといけませんね。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あざ・脱毛、外見でいじめの問題 美魔女ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる